HOME>SEIKO>BRIGHTZ KINETIC PERPETUAL SAGV003
ブライツ・キネティック・パーペチュアルSAGV003
ご注文はショッピングコーナー、またはご注文フォームからどうぞ。
ブライツからオートリレイとパーペチュアルの合体キャリバー搭載モデルが登場。
SEIKOが独自に開発した先進クオーツ機構「キネティック オートリレー」に、「パーペチュアルカレンダー」機能を付加した、最新の高機能クオーツウオッチが登場。電池交換や月末のカレンダー修正が不要で、長期不使用後の自動時刻復帰(最長4年間)など、使う人の手間を極限まで解消したうえで、時刻に加え暦を正しく表示する「クオーツのさらなる進化形」といえるモデルです。
着用することで自動的に発電
 SEIKO独自の自動巻き発電式クオーツ「キネティック」を搭載。時計を着けた腕の自然な動きにより発電及び充電を行ない、駆動します。一般のクオーツウオッチとは異なり、電池交換が不要です。
使わないときにはパワーをセーブ、再び使うときにも時刻・カレンダー合わせが不要
パワーセーブ及び自動時刻復帰が可能な「オートリレー」機能を採用。製品を使わない時は、一時的に時計を止め(最長4年間)、エネルギー消費を最小限に抑えます(約24時間放置すると、カレンダーを除く時・分・秒針が自動的に停止します)。また、再び使うときには、時計を数回振ることで、自動的に現在時刻に復帰します。
月末のカレンダー修正不要
「パーぺチュアルカレンダー」機能により、大の月、小の月、うるう年に関わらず、正しい日付を表示します。これまでの「キネティック オートリレー」モデルでは、パワーセーブ後に時刻表示を復帰させても、カレンダーは針が停止した時の日付のままでしたが、「キネティック パーぺチュアル」は、時・分・秒針が停止している間もカレンダーを送りつづけるので、復帰時にも正しい日時(月・日・時・分・秒)を表示します。
大きく見やすい日付表示と、見た目に多彩なカレンダー表示
12時位置には、日付の二桁が別々に切り替わる方式の大きな日付表示を装備。6時位置には指針式の月表示、9時位置の扇形の窓では、うるう年からの経過年数を表示します(うるう年はLeap Yearの略「L.Y.」、翌年以降は1年ごとに「+1」、「+2」、「+3」と表示が進み、4年後のうるう年には「L.Y.」に戻ります)。カレンダー情報を見やすく表示するとともに、複雑機械式時計を連想させる特徴ある文字板デザインです。(4時位置には24時間表示を備えています。)
主な仕様
□ムーブメント キネティックパーペチュアル7D48
自動復帰機能(フル充電から4年間)・パワーセーブ機能・24時間針・フルオートカレンダー機能
□ガラス カーブサファイアガラス(無反射コーティング)

□ケース&バンド素材 ブライトチタン(バンドはブライトチタン+純チタン)
□防水 10気圧防水
□ルミブライト(夜光)つき
□バンドアジャスト Cリング方式
□大きさ ケース径39.6mm 厚み14mm重量 約102g※
※当店で計測、メーカー発表とは若干異なる場合があります。


SAGV003 セイコー ブライツ・キネティック パーペチュアル

SAGV003 セイコー ブライツ・キネティック パーペチュアル




拡大写真やカタログの色と実際の色は、多少異なる場合がございます、ご了承下さい。
定価、販売価格は訂正する場合がございます。
上記の製品仕様は予告なく変更することがあります。
Copyright(C) タナカ時計店 All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます。 
トップページへ時計・用語解説お買い物方法お問い合わせこのページを閉じる